神社にパンダ?!「有鹿神社」アクセス方法・御朱印

神社にパンダ?!「有鹿神社」アクセス方法・御朱印

神奈川県の中央エリア海老名市にある「有鹿神社」

相模最古の神社との事ですが、聞いたことがなかったのは私だけではないはず・・・

そんな有鹿神社を有名?にしたのはやはり「パンダ宮司🐼」さんの存在。

月曜から夜更かしなど、テレビにで紹介されたり、雑誌に取り上げられてりして急に認知度をあげたイメージです。

有鹿神社

「パンダ宮司」がいることで最近話題を集めているこの神社、神奈川最古級の神社でもあるということで、興味津々遊びに行ってきました。

ユニークな御朱印やパンダ宮司。その一方で遅くても奈良時代からあったという、歴史深い神社というギャップが面白いですね。

アクセス・行き方

有鹿神社は神奈川県の海老名市にあります。

住宅街の中にあり、少し見つけづらいですが、近くに小学校・寺院がありますのでそこら辺を目印にたどり着きましょう!

電車でのアクセス

海老名駅(小田急線・相鉄線・JR相模線) から 徒歩20分程度

厚木駅(小田急線・JR相模線)から 徒歩10分程度

車でのアクセス

海老名IC(圏央道)から5分程度
参拝者無料駐車場あり!

パンダ宮司

神社に突然現れたパンダ。

有るか神社のサイトではパンダ宮司について以下のように説明されています。

なるほど、よくわからんw

しかしながら、パンダの被り物をしたまま宮司祭祀舞を舞う姿を後悔したり、参拝客と写真を撮ったりと人気の模様。

Q1.何故パンダのかぶりもの?何故鹿ではない?

A1.有鹿神社の宮司の愛称がパンダ宮司であり、パンダヘッドは「パンダ宮司代理」というキャラクターです。

①パンダの優しいイメージが有鹿神社の志す心優しい神道、親しみやすい神社にあっている。
②パンダは中国産ではあるけれど、日本人にとって幼い頃から親しみ深い。
③宮司が色白タレ目メガネでパンダっぽい。
④古来、神賑行事で面やかぶりものを使用してきた。

上記の理由により、パンダ宮司代理のキャラクターを参拝者とのご挨拶や記念撮影に登場させております。

ユニークな神社敷地内

有鹿神社がユニークなのはパンダ宮司のみならず。

敷地内にはパンダや鹿の置物が置かれていたり、他の神社では見られない光景・・・

御朱印

御朱印は何種類かから選べます。

もちろんパンダの印が押されたものも🐼
そして神社名の「有鹿」から鹿の印が押されたものも。
一味変わっていますね・・・!

催事の都合や、神社の方がいない時も有るので公式サイトやSNSをチェックしたり、
電話してから行く方が安全です。

【御朱印種類】
・有鹿神社 三種 (社印のみ・鹿有・大熊猫有)
・有鹿神社奥宮
・諏訪神社
・浅間大神

ちなみに「有鹿」は古代の言葉で、水を意味する言葉だよ。
鹿とは神社は関係ないみたい(パンダも無関係だけどw)

この頃漢字の意味ではなく音を当てていたの。
「蘇我入鹿」と一緒だね。

歴史

 
有鹿神社のHPには「有鹿神社は相模国で最古の神社です」とあります。
奈良以前からあったとされ、664年に初めて神礼が行われたと「惣国風土記」に記録があるそうです。

有鹿神社のご案内

【住所・アクセス】
〒243-0434 神奈川県海老名市上郷1-4-41
GoogleMAP
【参拝時間】
不明
【御朱印】
受付あり 6種類
※常時受付でない可能性あり・要お問い合わせ
【HP】
 https://www.arukajinja.jp/
【電話】
046-234-4763 午前9:00〜午後8:00 (水曜日のみ  午後7:00)

 

FacebookTwitter