「悪魔だった君たちへ 4巻」ネタバレ・感想

「悪魔だった君たちへ」の4巻、高校時代にしていたイジメの復讐で人生をめちゃくちゃにされた信と美穂。残りのメンバーは自分たちも復讐され無いか怯えます。先手を打とうとした横峯は、かつてのいじめられっ子下田のバイト先を訪れますが・・・

復讐の犯人下田について驚きの事実も発覚する4巻。
ネタバレ含みますのでご注意ください。

【ネタバレ】悪魔だった君たちへ4巻 これまでのあらすじ

高校時代の仲良し6人組。
信と美穂の結婚式が何者かに壊され、2人の人生は台無しに…高校時代にいじめた下田が復讐しているのでは無いか。
下田に監禁されていたという、仲間の1人倫太郎から情報を得た横峯。先手を打とうと、下田のバイト先のコンビニに訪れ下田に復讐について問い詰めます。
何も知らないと言う下田に、さらに脅しをかけますが、下田のバイト先の先輩、綾瀬にかばわれ引き下がりますが、深夜帯に再度襲撃をかけます。

【悪魔だった君たちへ】ネタバレ一覧
「悪魔だった君たちへ 5巻」ネタバレ・感想

【ネタバレ】悪魔だった君たちへ4巻主な登場人物

横峯俊夫
高校の同級生の信と美穂の結婚式が壊された。かつてのいじめられっ子・下田の復讐と聞き下田の元へ乗り込む。

下田
信や俊夫たちのグループに高校生の頃いじめられていた。太っていたが現在は痩せている。コンビニでのバイト中は倫太郎を監禁していた時のクレイジーさはなく気弱な様子を見せる。

綾瀬
下田のバイト先で一緒に働く女性。オドオドしながらも、客に絡まれていたところを助けられ下田に好感を持つ。下田に絡んできた俊夫を追い払い、自分もワルだから…時になる人ことを呟く。

【ネタバレ】悪魔だった君たちへ4巻 あらすじ

俊夫の再訪

俊夫に絡まれる下田を助けてくれた綾瀬。
下田はポツリとこぼした「私もワルだからね」のセリフが気になります。

客な少ない時間になり、1人で働く綾瀬をシフトの情報を手に入れた俊夫が狙います。倉庫で作業をする綾瀬のもとを訪れる俊夫。不意打ちでスタンガンをくらわせ、気を失わせられてしまいます。

下田が2人?

バイトから帰る下田は、すれ違いざまに男に声をかけられます。

久しぶりという男に見覚えのない下田はオロオロします。
しかし男の風貌は自分に似ている。

君は僕で僕は君。

根性焼きだらけの腕を見せながら、さらに自傷を見せつけられ驚いた下田は「警察を呼ぶ」とスマホに手をかけますが、男に綾瀬に危険が迫っていると告げられます。

綾瀬の危機

俊夫に気を失わされた綾瀬は椅子に縛り付けられていました。
それでも気丈な態度に俊夫は逆にそそると喜びます。

そこに駆けつけてきた下田ですが、俊夫にスタンガンで襲われ、縛られてしまいます。

下田が綾峰に好意があると見た俊夫は、
下田の前で綾峰に乱暴をし始めます。

抵抗する綾瀬でしたが、下田に暴力を振るわれ従います。
下田に見せつけノリノリの俊夫でしたが、突然2人の男が入ってきます。

突然のことに、驚く俊夫は男に突然殴られます。
「もうあんたおしまい」
綾峰にそう告げられる俊夫、
2人の男にボコボコにされます。

綾峰の正体

綾峰に助けられた下田。
驚いて何事か尋ねます。

裏の組織の仕事をしており、コンビニの仕事の影で、
人がいないときに業者のふりをした部下にモノを渡していた。

これ以上話すと危ないからと言われ、頷く下田。
俊夫も誰にも言わないと、ボロボロになりながら言いますが、女犯して喜ぶようなクズは許さないと、内臓要員として男たちに連れ去られます。

下田に「あんたはそのままでいてね」と告げ、綾瀬もさります。

俯く下田を遠隔で見ていた下田に似ている男は、「駆除完了」とご満悦。

信の再登場

結婚式の一件で社会的地位などを奪われ尽くした信。
無精髭に目を血走らせながら、何もかも失い怖いものはないと下田へ復讐心を募らせます。

【ネタバレ】悪魔だった君たちへ4巻 感想

4巻の感想は何よりもまず、「下田だと思ってたやつ下田じゃなかった?!」

コンビニで働いている下田。
こちらの下田が気が弱そうに見えながらも復讐心から裏の顔は復讐に燃えるクレイジーなやつなんだと思っていましたが別人でした。信たちに復讐をしている男は何者なのか謎すぎます。ストレスから生まれた別人格で、会話シーンは下田の妄想ってこともありかな。ちょっとありきたりになっちゃいますけど。

再起不能かと思っていた信ですが、復讐に復讐する気満々。元気そうで良かったですw
5巻はどうやら不倫している雄介と都合のいい女にされている花奈の間に騒動が。この2人にどんな復讐が?綾瀬も今後物語に関わってくるのでしょうか。美人でかっこいいから是非また登場して欲しいですね!

【悪魔だった君たちへ】ネタバレ一覧
「悪魔だった君たちへ 5巻」ネタバレ・感想

FacebookTwitter